ムーモ(MOOMO) 成分

ムーモ(MOOMO)の代表的な4つの成分※成分について

ムーモ 成分

 

ムーモ(MOOMO)の成分ってどのような成分になっているのでしょうか?今まで除毛剤で副作用があった人はアレルギーを持っている人なら、ムーモ(MOOMO)の成分は確認したいですよね。

 

ムーモ(MOOMO)の成分は安全だとはいいますが、一体どんな成分がムーモ(MOOMO)には入っているのかここでは調べてみることにしました。

 

ムーモ(MOOMO)の代表的な成分について

ムーモ(MOOMO)には、代表的な成分が4つあります。この代表的な4つの成分の特徴は、全て安全性の高い成分になっているということ。

 

チオグリコール酸カルシウム

厚生労働省が認めた成分です。ムーモ(MOOMO)の除毛効果にあたる成分で、肌に付着するとむだ毛が溶ける効果があります。また、毛根にまでしっかりとこのチオグリコール酸カルシウムを行き渡らせることが出来ると、毛根ごとむだ毛を処理することが出来るので、次のむだ毛までの期間が長くなります。

 

シアバター

シアバターの中でも高級なシアバターを使っているので純度も高く保湿効果も高いのが特徴です。これはムーモ(MOOMO)で除毛した後に肌を守る働きがあるのですが、その他にもムーモ(MOOMO)にはシソエキス・大豆エキスなどといった保湿成分が含まれています。

 

ラベンダー

除毛成分は独特の匂いがする時がありますが、ムーモについてはこの匂いを緩和させるためにラベンダーを配合しています。ラベンダーの効果というと、リラックス効果が有名ですが、それ以外にも抗菌効果がありますので除毛した後の雑菌から肌を守る補助としても活躍します。

 

イソフラボン

イソフラボンには、抑毛効果がありますので肌に付けることでむだ毛が生えにくくなる効果が期待出来ます。

 

以上がムーモ(MOOMO)の代表的な4つの成分になります。ムーモ(MOOMO)の成分の特徴には、植物成分を多く配合していることが特徴としてあります。そのため、あまり副作用が出ないことでも有名なのです。

 

植物成分を多く配合していますので、デリケートゾーンの除毛も簡単に行うことができるのですよ!カミソリではちょっと恐いなという部分の除毛も安全に出来ます。ムーモ(MOOMO)ならどんな部分でも安全に行うことが出来るので嬉しいですね!

 

ムーモ(MOOMO)の代表的は4つの成分についてのまとめ

 

ここでは、ムーモ(MOOMO)の成分がどんな成分で出来ているのか確認してみました。すると、ムーモ(MOOMO)の成分の多くは植物成分由来で出来ていることが分かりました。そのため、肌への炎症は起こりにくい成分になっていました。

 

では、ムーモ(MOOMO)に含まれている代表的な成分とはどんな成分になっているのかというと、「チオグリコール酸カルシウム」「高級シアバター」「ラベンダー」「イソフラボン」で出来ていました。

 

ムーモ(MOOMO)の成分の特徴は、イソフラボンを含むことで抑毛効果を期待出来ることです。そのため、使っていくとだんだんとむだ毛を処理する感覚が開いてきますので楽に除毛することが出来るようになります。是非使ってみてくださいね。

 

>>ムーモ(MOOMO)の詳細はこちら